Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Sunday 22:30
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 2
trackbacks : 0

帰国日

ビエンチャン→プノンペン→ホーチミン→成田のルートで帰国する。
朝の便でビエンチャン→プノンペンへ。

経由の為、カンボジア入国は出来ず空港内で1時間位待たされる。
プノンペンノ空港は約1年ぶり!懐かしい〜☆
構内に本屋を発見し、アンコール遺跡の本を衝動買いした。

プノンペン→ホーチミンへ。
13:00頃にホーチミンに着いた。ホーチミン→成田は夜便の為、ベトナムに入国してプチ観光をする。
まずは初ベンタイン市場へ。

昼食を取ることに。迷わずカー・コー・ト(魚の煮物)を注文。

美味しかったぁ♪
直後、さらにチェーを食べる。

その後、ブラブラとドンコイ通りを散策して買い物したりお茶して時間を潰す。

17:00過ぎ、空港までバスで戻ることになりバスターミナルでバスを探していると、日本語を話せるベトナム女子大生が親切に空港行きのバスを教えてくれた。28番のバスも空港まで行くよ!と言われて乗る。
(空港→バスターミナルは152番のバスなのに・・。)
嫌な予感は的中!28番のバスは空港手前のスーパーボール(大型ショッピングセンター?)で降ろされる。
そこから、空港までは歩く事に。多分2kmくらいかな?
夜だと言え、暑いし、食器など買ったため荷物は重たいし、大変だった。

それでも無事に帰国できたので良かった。

Saturday 22:11
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 0
trackbacks : 0

ラオス最終日

午前中はゆっくりホテルで過ごした。
午後はモーニングマーケットへお土産を買いに行く。

大した物が売ってなくて結局何も買わなかった。(買えなかった)

ホテル近くのクラフトショップで自分土産を購入。
モン族の刺繍入りの鍋敷き。

おそろいの色の鍋掴み。


ラオス最終日、ラオスキップ(お金)も使い切って何も出来ず早々と寝た。


Friday 22:07
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 2
trackbacks : 0

ビエンチャン観光

9:30〜トゥクトゥクをチャーターしてビエンチャン市内観光&ブッタパークへ行く。

*ワット・シーサケット
本堂。

本堂の回りを囲む様に、無数の仏像が配置されている。

壊れてボロボロの仏像。無残な姿だ・・。


*ワット・ホー・パケオ
ここはお寺と言うより博物館らしい。

本堂の入口。

欄干が可愛い。

碑文石も展示されていた。


*ワット・シームアン

窓の金網(?)にも仏像。

柱も煌びやか。

理解不能のオブジェ。

でも本堂内は、お祈りに来る人が耐えなかった。


*ブッタパーク
入ってすぐの巨大オブジェ。

口に入ってみる。

口から公園を見た。

内部は、不思議なオブジェがところ狭しと並べてある。

上からの見晴らし。

人の上に立つ千手観音?

コオロギの足を引っ張る仏像。

コレは何なのでしょう?

不思議がいっぱいだった。

*タートルアン

黄金の仏塔。

仏塔には登れません。

小さな祠に仏像が安置されている。


パトゥーサイ
未完成な凱旋門。

天井にはキレイな装飾がある。

上からはビエンチャンを一望できる。

Thursday 22:47
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 0
trackbacks : 0

何もしない1日

朝、7:00にビエンチャンのバスターミナルに到着した。

ターミナル内の様子。カラフルな椅子が可愛い♪

余りに疲れたので、朝食後シャワーに入って寝ることにした。
サチは寝ずに出かけて行った・・。恐るべしパワーだ。

15:00に起きて、一人で近くを散策しに出かける事にした。
ホテル近くのお寺?学校なのか?良く分からない。

ラオ語の標識も可愛い〜。


夜ご飯は屋台で。

お鍋がかなり美味しかった。




Wednesday 17:51
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 3
trackbacks : 0

ワット・プーへ

今日は、この旅最大のハードな一日になる。
早朝4:00に起き、6:00の飛行機でパクセーに向かう。
遅れることなく7:00にパクセー着。

運良く空港で車の手配が出来たので、そのままワットプーへ向かう。
パクセーからワットプー(世界遺産)のあるチャンパサックまでは約60km。
途中、ボートに車ごと乗せてメコン川を渡る。

9:15到着。
*ワット・プー
まずは、リンガの参道が迎えてくれる。

南宮殿

大きな連子窓

北宮殿

祠堂へ続く階段

中央祠堂

デバター像。バンティアイスレイのデバター像と似ている気がする。

リンテル部分のレリーフ。とても保存状態が良い!

舌を出すカーラ。可愛い♪

窓枠だけが残ったようだ・・。

一番感動したレリーフがコレ!
写真で分かりにくいが、かなりの大きさ。
ブラフマーだと思うんだけど、クメール遺跡では珍しいタイプのレリーフだと思う。てか11世紀から現在までこの姿で残っていることに非常に感動した。

生贄のヘビ

生贄の象

最後に仏足跡を見る為に、さわを登る。
ガイドに危険だから止める様に言われたが、せっかくココまで着たのに飽きられられない事を伝えると、一緒に登ってくれた。
軽くシャワークライミングだと思った。Tシャツやズボンが水浸し&汚れた。
仏足跡

登って来たって事は、ここをまた下るわけだ。

無事に下り、ワットプー観光終了〜。
途中でランチを食べまたパクセーへ戻る。疲れたのか軽く頭痛がした。

メコン川を渡るとき、ボートにうまく車が載せられず、ハシゴから車が落ちそうになる。サチが乗ってるけど大丈夫かな?心配&ドキドキだった。

運転手が思いっきりアクセルを吹かしたりしてホント冷や冷やした。
サチ曰く、ハンドル付近から一瞬煙が出たとか・・・。

17:30にパクセーのバスターミナルに着いた。これから深夜バスでビエンチャンに戻るためにVIPバスのチケットを購入。20:00発なので、それまで時間を潰す。でも頭痛が酷くなってきてどこへも行けなそう。とりあえずバスに乗って少し寝る。
サチは近くを散策へ行ったようだった。

サチが戻ってきて、いったんバスを出る。近くでエアロビやって皆踊ってるよ!と言うので見に行った。そして、踊りだすサチ。
早朝から暑い中ハードに歩き回ったのに、凄いパワーだと感心。

アタシはやっぱりダメ。19:00にはまたバスへ戻って寝た。そしてサチに頭痛薬を貰った。
バスは定刻通り出発して、途中1回の休憩と2回の故障で止まったりした。
結局、翌日7:00にビエンチャンのバスターミナルに着いた。10時間のバスの旅、アタシは12時間乗っていた事になる。


Tuesday 17:14
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 4
trackbacks : 0

パークーウ洞窟。 そしてビエンチャンへ

今日も朝方まで雨が降っていた。またしても托鉢を見れず。

8:30〜ツアーでパークーウー洞窟へ行く。(US$7)
メコン川をボードで上っていく。

途中ガソリンを入れたり。

せっかくガソリンを入れたのに、私達のボートは調子が悪く途中で別のボートに乗り換えた・・。
1時間半くらいで、まずはラオラーオ(ラオスの酒)の村に着く。
酒の村と言ってもボートを降りたところでプチ実演と販売をしてるだけっぽい。

その奥に寺を発見。面白仏像がいた!「お前はあっちへ行ってろ!!」みたいな。

さらに川を上って1時間半位でパークーウー洞窟へ到着。

ここには約4000千体の仏像が安置(?)されている。
まずは下の洞窟。

とにかく所狭しと並べられている。

上の洞窟。入口で懐中電灯を貸してくれる。(有料?募金?お布施?詳細不明)

内部は本当に真っ暗だ。

アタシはカメラのフラッシュとサチが持っていた懐中電灯の明かりを頼りに内部見学。
適当なところでフラッシュを使って撮影。
我ながら良く撮れたなぁ。

こっちは、もう使い物にならなそうな仏像達が安置(?)されている?

壁にも仏像っぽい壁画があった。

お昼頃に見学終了となり、ふたたびボートで市内へ戻る。
遅めのランチをとり、その後は、ホテルでダラダラ過ごした。
17:30にチェックアウトして、ビエンチャンへ向かう為、空港へ。

20:00過ぎにビエンチャンに到着。
エアポートタクシーのおじちゃんに何件も宿を回ってもらって快適そうなミニホテルを決めた。
いよいよ、明日は日帰りパクセーへ行く。

Monday 22:32
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 3
trackbacks : 0

ルアンパバーン観光

夜中激しく雨が降っていたけど朝には止んでいた。胃の調子も大丈夫みたい。

午前中は国内線のチケット手配や、パークーウー洞窟ツアーの申込み等で終った。
お昼からはトゥクトゥクをチャーターして市内観光。
*ワットシェーントーン
本堂。町のシンボル的存在。

本堂の壁紙

外壁のモザイク
鳥が生贄(人間)をお供えしている図

霊柩車


*ワットシェーン
本堂

レリーフ。地獄図のようだ・・。

欄干。獲物(魚)は逃がさね〜。


*ワットマイ
本堂の大仏


*ワットビスン(別名スイカ寺)
仏塔。↓これがスイカを半分に切った形に似ている事から別名スイカ寺と呼ばれている。

本堂内。日本語を勉強中のお坊さんがいた。


*ワットタートルアン
町から少し離れたトコロにあるので静かで気持ちが良かった。
仏塔と本堂

本堂内


*ワットパバートタイ
入口。ベトナム式のお寺らしい。

もの凄く狭いスペースにいる涅槃仏

本堂の仏像

仏足跡


*マーケット
入口

建物の中の様子・・。

外の様子・・。

はっきり言って何もない。

この後、頼んでもいないのにドライバーが勝手に近場の滝にアタシ達を連れて行った。
仕方なくトゥクトゥクを降りて滝まで歩く事に。
たしかダットトゥオン滝と言う名前。(ラオ語表示しか無いところがローカル臭い)

湧き水が出ている道をひたすら進む。軽いトレッキングになってるし。

いくつか小さな滝があるようで、クァンシーの滝の下流と言っていた。


数箇所の滝をみて、ぐるっと一周して帰るコースがあるらしいが、ドライバーが道に迷った(怒)。お陰で山道を1時間以上も歩く事になった。

これがメインの滝だと思う。

疲れ果てて市内へ戻る。

最後の見所はプーシーの丘。
あれだけ山道を歩き彷徨って最後はまた丘に登る。ドライバーめ〜!!
*プーシー
仏塔

ルアンパバーンの町が一望できる。

プーシーからはナイトマーケットを見ながら、ホテルまで歩いて帰る。


疲れたよ〜。







Sunday 19:37
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 13
trackbacks : 0

ハノイ→ルアンパバーンへ

最近ベトナムに来ても、ブンを食べる事が少なくなっていたアタシだけど、ブンの本場はハノイ!と思い、朝ご飯もブンを食べた。

朝食後、ハノイ大教会の中でまったり休憩。風が抜けて涼しい〜。

その後、ホテル近くでお豆のチェー。

氷の上に、煮て間もない熱々のお豆を入れる。最初「美味しい〜おしるこ見たい」と食べてのに、サチが「氷が解けて、この水、変な臭いがするよ」と。
嗅ぐと確かに臭い(汗)。2人とも食欲無くすが、頑張って豆だけは完食。

その後チェックアウトまでホテルで過ごした。

お昼はダッキムと言うお店でブンチャーを食べた。
肉団子が入ったタレに香草を入れてブンを付けて食べる。そこへ更に揚げ春巻きを入れたりして食べる。油っぽいけど美味しかった。

店頭では揚げ春巻きを揚げていた。暑そうだなぁ。

食後にまたデザート。マンゴーシントー(シェイク)。

明らかに食べすぎの一日(てかまだ半日)。

14:30からは楽しみにしていた水上人形劇。人形の動きが凄く可愛かった♪



その後、ノイバイ空港へ。18:35のフライトでいよいよラオスへ。
何もない空港内でフライト時間までただ椅子に座って待つ。
エアコンがガンガン効いてて寒いし、食べすぎで胃がキリキリしてきた〜。
そんな時、突然停電!!って国際空港であっていいの?さすがベトナムだわ!
↓停電時の様子(苦笑)

まもなく搭乗時間って頃にアナウンスが・・。
ルアンパバーン行きdelayだそうで。って国際線であっていいの?
結局、1時間半遅れて20:05発で無事(?)ラオスへ。

ルアンパバーンに着いた頃、アタシの胃の痛みがMAXに。
エアポートタクシーで市内へ行きこれから宿探し。でも胃が痛くて道路でうずくまってしまった。その場で休憩している間、サチが一人で宿を見つけに行ってくれた。(ありがとう〜)
チェックイン後、スグに横になって、風呂も入らず就寝。
胃痛の原因は単に食べすぎと思われる。



Saturday 19:10
posted by tyon
'07.10 Laos
comment : 3
trackbacks : 0

ハノイ着

成田→ハノイ→ルアンパバーンと同日便が無いため、ハノイで1泊する。

14:30過ぎにハノイのノイバイ空港に着いた。空港から市内へはエアポートバスを使う予定だったけど、人が集まるまで出発する気配なし。アタシ達の他に韓国人旅行者と何人だか不明な男女が出発を待っていた。
20〜30分待った頃かな?韓国人達はタクシーで行ってしまった・・。
これじゃマスマス出発しなそう。そんな時怪しい男女がタクシーをシェアして市内へ行こうと言ってきたので料金を確認して一緒に行くことに。
結局、一人40000d($2.5)払って無事、ハノイ大教会まで辿り着けた。


それから宿探し、2〜3件見て回り教会近くのエスペセンに決定!($15)

旧市街より、静かに眠れそうと思い教会の近くのホテルに決めたはずなのに、実は夜中不定期に教会の鐘がなり、その度に目が覚めた(涙)。

夜は、ハノイ名物のチャーカーを食べよう!と言う事でガイドブックにも載っていたチャーカーラボンと言うお店へ行く。
魚のすり身とネギ・香草を油で炒める。

炒めたものを、ブンの上に掛けて、さらに香草とピーナツを乗せて食べる。

ウマ〜☆でも、このお店(2階席)かなり揺れます。飛行機に乗っていたから?と思ったけどやはり店が揺れている。気持ち悪いくらい揺れるので長い居は出来ませんっ。

食後は、明日の水上人形劇のチケットを買って(当日分は売切れ)、ホテル周辺を散策。