Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Sunday 09:46
posted by tyon
'07.02Thailand
comment : 2
trackbacks : 0

最終日

今日は旅の最終日。
ウィークエンドマーケットへ行く予定だったけど、あまり興味が湧かないのでジュリに一人で行ってもらった・・。
私はと言うと、スラサック駅の近くにあるヒンドゥー寺院へ行く!
まずはローカルバスでサイアムまで行く。
↓サイアム地区はとっても都会だ!

BSTスカイレールでサイアムからスラサックまで行く。駅構内はガラ〜ンとしてる。

地図がないので、人に聞きながら寺院を目指す。
あっ!発見〜。周囲のお店にヒンドゥーの神様のポスターなんかが貼ってあったり、とってもインドチックだ。カレーを食べようと思ったけど週末の為かクローズしていた。(残念)

でも週末だから参拝する人も多いし、寺院からはお経もガンガン流れてくる。
入口で中を覗いていたら、入って良いよ。と言われ、内部をウロウロして参拝した。

↓ヒンドゥー寺院の門には神様がいっぱい付いています。

↓お寺の名前。上からタイ語、(たぶん)ヒンドゥー語、英語で表記されている。


ヒンドゥーで萌え×2になった後は、サイアムへ戻る。
サイアムパラゴンへ行った。ここは高級デパートだろう。
地下のスーパーマーケットが素晴らしい!!お土産を沢山買った(帰り空港で没収されちゃったけど)。フードコートも充実しています。

Saturday 23:25
posted by tyon
'07.02Thailand
comment : 0
trackbacks : 0

パタヤビーチヘ

ローカルバスで東バスターミナルまで行く。
そこから更に長距離バス(ローカルよりデラックス?)でパタヤへ。
9:30に出発して、パタヤに着いたのは12:00だった。
↓パタヤ市街


バスは国道沿いで降ろされるので、そこからビーチへは、バイクタクシーで行く。
↓海がきれいでないせいか、ビーチにいる人が殆ど。


バスでまたバンコクまで戻るので、ビーチ滞在時間わずか3時間でした・・。

Friday 23:18
posted by tyon
'07.02Thailand
comment : 2
trackbacks : 0

アユタヤ遺跡へ

朝7:00発の国鉄でアユタヤへ行く。
20B(¥60)のチケットを買って車内に乗り込むと何故か事務室的車両に座らされた。
コーヒーなど入れてくれたりちょっと快適な旅になりそう。

↓隣の席では仕事中。

↓朝ごはんを車内で買う。
白飯の上に目玉焼きと野菜炒めが乗せてあり、青唐辛子のタレをかけて食べる。

↓約2時間でアユタヤ駅に到着。

*ワット・チャイ・モングコン*
↓中央の仏塔は高さ60メートル。

↓仏塔からの眺め。

↓周囲には沢山の仏像が配置されている。

↓寺院前には巨大な涅槃仏。

↓後頭部♪

*日本人町跡*
アユタヤに日本人町があったとされる場所。
20B(¥60)払って奥にある資料館(実は土産物屋)へ。
注意:20B払って入る資料館ではありません。
↓日本人町跡には、この記念碑しかない事実に驚いた!

*ワット・パナンチューング*
↓メインのパナンチューング仏像は1324年に作られたとされており何度も修復されている。
と言うわけで今回も修復中。

寺院の中には他にも仏像いる。
↓金ピカの仏像さん達。

↓千手観音像。

*ワット・マハー・タート*
↓アユタヤ遺跡と聞いて直ぐに思い浮かべるのがコチラの仏頭ではないでしょうか?
写真を撮る時に、仏頭より低い位置から撮影するようにと看板がありました。
私は撮影前にちゃんと手を合わせました。そうすると周りのタイ人の受けが良いようです。

周囲には遺跡が残っているので仏頭以外にも見所は結構あります。
↓仏塔の形がアンコールワットの尖塔に良く似てる。

↓クメール建築の影響か?と思わせるスリット窓もありました。

*モングコンボピット仏*
↓タイにある一番大きな降魔印の仏像と言われている。

↓大仏の親指と、その前に配置されている大仏の親指が糸で結ばれている。
どんな意味があるのだろう?

*ワット・ローカヤスターラーム*
ワット(寺)と言っても、涅槃仏のみ。
↓長さ37メートル、高さ(一番高い部分で)8メートルある。台座は蓮の花の形になっている

↓おだやかなお顔です。

*ワット・チャイ・ワッタナーラーム*
↓クメール建築好きな、ソムデッチ・プラチャオ・プラーサートトーン王が
1630に建立された寺院。

↓寺院内の回廊。風が通り涼しい。

*ワット・ラーチャ・ブーナラ*
火葬場として建立されたと言う寺院。

↓仏塔からの眺め。

↓偽窓。

↓仏塔の地下室の天井。朱色が残っている。

↓アユタヤ遺跡には珍しく、レリーフが残っていた。


Thursday 23:52
posted by tyon
'07.02Thailand
comment : 2
trackbacks : 0

バンコク市内観光

寝不足だけど元気におきて今日は市内観光。
午前中、怪しいトゥクトゥkをチャーター。
*ワットインドラヴィハーン
スタンディングブッタで有名らしい。
↓ブッタの足元でお祈りするタイ人

↓それにしてもでかい。高さ40m

後で知ったが、ブッタの内部に入ることが出来るらしい。ドライバーめ、説明しろ!

そしてここからドライバーが本気を出してきた。(ここからって寺1件だよ)
そう!アタシ達をみやげ物屋に連れて行くとバックマージンが入るらしい。

アタシ「次の寺はどこ?」
ドライバー「タイシルク」
アタシ「見るだけね」
そして、タイシルクのお店へ。
アタシ「次はどこ?」
ドライバー「スーベニアショップ」
そしてスーベニアショップへ。
全然興味のないアタシ達は、ドラーバーの目を盗み近くの商店へ行きビールを購入。
ビール飲みながらトゥクトゥクへ戻る。(ドライバー呆れ顔)
そんなこんなでお昼頃にワットプラケオの近くで突然降ろされた。そこでドライバーとの観光は終了。チャーター10Bだったから良いけどね〜。

ここからは自力で観光。
*ワットプラケオ

さすがに観光客が多い!みんな目指すはエメラルドブッタ。

*ワットポー

↓足の裏には108のブッタの宇宙観が螺鈿で細工されている。

↓後頭部もステキ♪


その後、ダラダラとインド人街を目指す。
インド人街をウロウロ×2。やっと見つけた!行きたかったシーク教寺院!

中を見学させてもらう。(白い布で頭を覆います)

外国に来た〜って感じがした。

休むこと無く中華街まで足を伸ばす。

夜ご飯は飲茶を食べた。

カオサンへ戻り散策。


とてもハードな一日でした。



Wednesday 23:48
posted by tyon
'07.02Thailand
comment : 2
trackbacks : 0

バンコク着

23:50にバンコクに着いた。
宿を取っていなかったので空港で野宿しようと思っていたけど、外の様子からいって市内までバスで行っても危険は無さそう・・。
と言う事で、市営バスでカオサンを目指す!
↓市営バスターミナル

1時間以上待ってやっとバスが来た。
カオサンに着いて3〜4件宿を廻りチェックインしたのは3:00過ぎ。
シャワーを入って4:00に就寝。