Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< ローカルなダナン  ◆  ソンミ村記念館→クアンナム遺跡→ホイアン >>
Thursday 23:19
posted by tyon
'06.02Vietnam
comment : 0
trackbacks : 1

クアンナム遺跡群とミーソン遺跡

渡越する前は、クアンナム遺跡群はバイタクでもチャーターしてみて廻ろうと考えていたけど、それでは不可能だという事が分かった。

理由:々圓先を「バンアンタワー」と英語で言っても恐らく知らないし、通じない。「タップ・バンアン」とベトナム語で言っても発音の問題で通じない。
▲戰肇淵狄佑クアンナム遺跡の全ての場所を知っている確立が非常に低い事。
クアンナム遺跡群を見に行くには、チャンパマニアで日本語の話せるベトナム人ガイドか(居ないに等しい)、チャンパマニアでベトナム語の話せる日本人ガイドにお願いするしか方法はなさそう・・。
と、いう事でミーハイツアーのチャンパマニアな日本人ガイドさんにお願いした。

↓まずはバンアンタワーへ行く。
バンアンタワーは現存する唯一の八角形の祠堂。日時計として使われていた説や、祠堂そのものをリンガと見立てていた説もある。壁面には装飾や彫刻は殆どない。高さは21m


続いてミーソン遺跡へ。去年はB〜Dグループしか見なかったので、今回は全て見ることに。

↓屋根の内部構造。
迫り出しA式(レンガを1枚毎に迫り出す方法で階段状になっている)
この工法を用いた事例は、ミーソンB・Eとポーナガルにみられる。

↓ミーソン遺跡、幻のA’グループ。
道無き道を行く。気分は探検隊って感じ。新たな遺跡を発見してやる〜。
この遺跡は、昔はどんな姿をしていたんだろう?

↓頭部なしのドヴァラパーラ像。150〜160cm位の大きさ。
この大きさで人の形をした物はチャンパ遺跡の中では珍しい。


雨の中のミーソン遺跡をすみからすみまで見てドンジュオンへ。

↓戦争で破壊され今はこの門しか残っていない。
屋根の部分の追い出し構造の様子が確認できる。


意外と時間が掛かったのでクアンガイに1泊し、残りの遺跡とソンミ村は明日見ることに・・。
ビールのある屋台を探し回ってやっと見つけました。
クアンガイの人達は、外でお酒を飲むほど裕福ではないの?
↓今夜のご飯
ライスペーパーに野菜と焼肉を巻いて食べる。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://tyon-tabi.jugem.jp/trackback/11

トラックバックを  入れておきます
ベトナム・ダナンのお天気情報 : 2006/02/26 02:54